あぶく銭で風俗

風俗に入り浸るようになった

転職をきっかけに、風俗で遊ぶ機会が増えました。入り浸っていると言っても過言ではないレベルでしょうかね。これにはいろんな理由があるんです。転職したことによってお給料が上がったんです。嬉しい気持ちというよりも、それを求めて転職したのは言うまでもありません。さらにはこちらが嬉しい誤算なんですけど、会社の近くに風俗街があるんです。同じ駅ということもあるし、一つや二つではないんです。いろいろな選択肢があるので男として興味が出るじゃないですか。さらには環境の変化にまだまだ慣れていないのもあって、ストレスが溜まることも多いんですよ(苦笑)これらを考えると、結論は「風俗に行け」じゃないですかね(笑)風俗を思う存分楽しめる環境・シチュエーション。入りびたることになってしまったのも、ある意味ではよく分かる話かもしれません。とりあえず新しい職場に慣れるまではかなりの頻度でお世話になるんじゃないのかなって思いますね。

指名出来るか微妙だったものの指名出来た

人気嬢ともなればさすがに予約出来ないというか、指名さえ出来ないケースも多いじゃないですか。風俗で指名したいって思う人が多ければ、いわば早いもの順でもあるので、これは仕方ない部分ですけど、自分がもっと早く予約しないといけないって話ですしね。それでも予約しないと遊べない以上、楽しまないとなって気持ちがあるんですよね。それだけに、この前指名出来ないかなって思っていた風俗嬢を指名出来たのは、それだけでも自分にとって特別な時間を過ごすことが出来ました。指名出来ないだろうって気持ちを持っていたからなのかもしれないので、余計テンションが高くなった部分はありますよね。良い意味で自分が思っていた現実に裏切られたってことじゃないですか。そう思ったら、なんだかそれだけでとってもありがたい時間なんじゃないかなって気持ちになったんですよ。単純に思われますけど、男としてそれだけでも楽しい時間を過ごすことが出来たんじゃないかなって。