あぶく銭で風俗

すべては自分の思惑次第

どんな展開になるのかも、結局自分が何をしたいのかや、どんな展開にしたいのかによって変わってくるので、男として自分の思惑次第としか言えない部分もあるんじゃないかなって思いますけどね(笑)これはとっても大切なことだと思うんですよ。なぜなら、この気持ちが分かるようになると、相手に依存しないで自分で風俗を楽しむべく展開を勧化たりできるようになるんです。これは大きいんですよ。このことが分からないと、風俗嬢に依存してしまうんです。「もっとどうすれば良いのか」みたいな。「もっと楽しませてくれ」というスタンスになってしまうケースだって十分に考えられると思うんですけど、でも自分次第だってことが分かると、じゃあどうするのか。こういったタイプの女の子相手には、何をするともっと楽しめるのか。いろいろと考えられるようになってくると思うんですよね。こう思えるようになるためにはそれなりに経験も必要になってくるとは思いますけどね。

風俗、一番だと思っています

風俗こそ一番。そう信じているのは決して間違いではないんじゃないかなと思いますね。これだけ男側にとって都合の良いサービスは他にはないんじゃないかなと思うんですよ。しかも遊ぶ時の選択肢も豊富ですし、その選択肢から選ぶのも基本的に男側がイニシアティブを握っているじゃないですか。つまりは何もかも至れり尽くせりと言っても決して言い過ぎではないのが風俗の世界なんですよね(笑)だから「一番」だと断言しても決しておかしな話ではないんじゃないのかなって思いますけどね。風俗で遊ぶ時に常々思うのはそこなんですよ。女の子との時間はとっても楽しいですけど、じゃあ他にこれ以上の時間を過ごせるものがあるのかなって。そう考えると、風俗で消費するお金と時間程有意義なものはないんじゃないのかなって気持ちにもなりますので、無駄にならないってことを考えたらついつい遊びたい気持ちになるのは決しておかしな話ではないんじゃないのかなって思いますよ。